闇金から会社へ取り立ての連絡がくるときの対処法

闇金の取り立て屋が起こす嫌がらせの手口

MENU

実際にあった闇金からの取り立て事例

闇金から会社へ取り立ての連絡がくるときの対処法

 

会社などに闇金からの連絡が入り、取り立てを求められる事例というのは存在しますが、真夜中に闇金から電話があり、催促されたとか、実家に闇金が押し掛け、借金返済を求めたとか、玄関に張り紙が貼ってあり、早く返せというものが貼ってあったとか、まるでドラマのような取り立て事例というのは多く存在します。

 

そのため、闇金が会社に電話をかけてきて、催促を求める事例は決して珍しいことではなく、対策が求められます。

 

こうした取り立てが会社にあることで、会社の中での評価が大きく落ち込む恐れがあります。

 

また、会社での給与で何とか返済をしていくことができている場合、これのせいで居づらくなってしまい、辞めざるを得ないことになってしまえば、生活をかなり切り詰めながら返済をしていくことになってしまいます。そのため、闇金からの対応を間違えることなく、適切な対処をとっていかないことには、返すものも返せなくなる恐れがあります。

違法な取り立ては禁止されている

貸金業者を規制する法律に貸金業法がありますが、ここには私生活や仕事の妨げとなる取り立てはできないということが書いてあります。

 

正当な理由がないのに夜9時から午前8時までに債務者に電話などをかけてはいけないというものや、債務者から訪問に対して退去を示す意思表示があったら退去しなければならないというルールが定められており、この中には、正当な理由がないのに債務者の勤務先に連絡を入れる、訪問をすることを禁止する文言が記載されています。

 

つまり、闇金から会社に連絡が入る時点で、その行為は違法行為ということになります。そのため、免許を取り上げられるなどのことにつながることもあります。一方、取り立ての際には強引なことをすることで罪に問われるケースもあり、例えば、職場に何度も連絡を入れる行為は業務を妨害する行為であるため、罪に問われます。

 

他にも恐喝罪などに問われることがあるため、適切な対処が求められます。

客観的な証拠を残すのが大事

万が一、会社に闇金からの取り立ての連絡が入った場合、一番大事なのはその際の客観的な証拠を残しておくことです。電話を録音して、その中で、仕事をしている職場に電話をかけてこないでほしい、勘弁してほしいというようなことを残しながら、客観的な証拠にしていくということができます。こうすれば、後で公的機関に持っていき、警察や弁護士につないでくれ、適切な対処ができるようになります。

 

闇金の場合、貸したお金自体、元金すら返さなくていいというルールがあるため、早めの行動によって返済しなくていいところには返済をせず、他にも消費者金融からお金を借りている場合にはそこへの返済に集中することができます。

 

闇金業者としてもそう簡単には捕まりたくないと考えるため、法的手段を検討し、弁護士に相談しているということを伝えておけば、下手なことはできません。
それでもアクションを起こそうとすれば、警察にお願いするのが一番です。