闇金の取り立て屋が起こす嫌がらせの手口

闇金の取り立て屋が起こす嫌がらせの手口

MENU

闇金の取り立て屋が行う嫌がらせ

闇金の取り立て屋が起こす嫌がらせの手口

 

闇金は、認可が下りていない貸金業者の事で、法定金利と異なる法外な金利を要求してお金を融資する金融業者です。

 

一般的な生活を送っているときにはこうした業者と関わることはありませんが、借金の返済でカードローンやサラ金に断られた時に軽い気持ちで少額の融資を受けた場合、あっという間に金利分が増えてしまい返済不能に陥るケースがあります。

 

預貯金が無い人が闇金を利用することが殆どですので、多くの場合は金利分を返すことが出来ず元金が減りませんので返済不能となり、取り立て屋からしつこく取り立てをされることになります。

 

取り立て行為は深夜や早朝に行うことは禁止されていますが、もともと違法な金融業者ですので様々な嫌がらせを行ってお金を取り立てようとしてきます。

 

しつこく電話をしてくるのが最も多い取り立て屋の嫌がらせで、携帯電話だけでなく関係のない家族や会社にまで電話をかけて返済を迫ることも少なくありません。

闇金の返済が滞ると行われる督促

闇金の取り立て屋が行なう嫌がらせは、返済が滞ることが無ければ行われることがありませんが、返済が滞っているのに連絡がつかなくなったりすると急激に様々な手段で行われることがあります。

 

実際にあるケースとしては、宅配のピザや食品といったものが注文をしていないのに送られてきたり、かなり迷惑なことをされるケースがあります。

 

又、救急車や消防車などを勝手に呼ばれるケースもあります。

 

こうしたことは返済をして入れ歯されることがありませんが、返済できなくなるとどんな手段をつかっても返済させようとしてきます。こうしたケースに陥らないためには、融資を受けないのが一番ですが、知らずに借りてしまった場合には一人で解決しようとせずに専門の弁護士や行政書士などに相談するのがポイントです。

 

家族に危害をくわえるといった脅迫をされるケースがありますが、こうした場合にも警察に相談するなど一人で対応せずにプロに任せる必要があります。

家族や友人に督促が行く場合も

闇金からの嫌がらせは、融資を受けた人が一円でも多く返済してくれることを目的としていますので、警察に相談しても弁護士に相談して何らかの措置をしてもらってもピザや花屋、消防署などに電話をして勝手に宅配を届けさせたりパトカーや消防車の養成などをされることがあります。

 

しかし、闇金自体がもともと違法なシステムですので返済の必要はありませんし、認可を受けている業者ではありませんので自己破産の必要もありません。融資を受けてしまった場合には専門機関に相談することでこうした不快な督促を停止させることが出来るケースもあります。

 

断固として返済しない態度をとることが重要ですが、あまりに督促がひどい場合には一人で悩まないことが重要です。

 

家族や会社に電話をされたり、関係のない人を巻き込もうとしてきたときにも一時的に信頼を失ってしまいますが待っていれば相手もあきらめますので根気強く対応することが必要です。